SHIROBACO/GLYSOMED

ほんの少しでも お店で楽しめるように

ショッピングは商品との出会いや、驚きに心がくすぐられ、どんな商品があるのかとワクワクすることも楽しみのひとつだと思っています。情報の伝達だけでなく、商品との出会いにワクワクを与える様なデザイン・形状の提案をしました。

[SHILOBACO]
ミニマリストに向けた、髪から脚の指先まで1本でまかなえるソープ。ミニマムがテーマなので什器前部にいる箱に訴求をまるっとまとめました。白を基調に派手な表現を避け、グラフィックもミニマムな表現で制作しました。

[GLYSOMED]
カナダで大人気のハンドクリームの販促物を制作しました。自宅の台所から窓を開けて、カナディアンロッキーを望むお母さんの目線を什器全体にあしらいました。寒くて乾燥しやすい季節に特に水仕事が多い方へ共感が得られるよう「台所のシンク」や「雪山」などをグラフィックであしらっています。

クライアント
カテゴリ
クレジット
SHILOBACO
アートディレクター:庄子サトル
デザイナー:山根彩希

GLYSOMED
アートディレクター:庄子サトル
公開年