【デザイン会社の営業ブログ】 問合せでよくある質問をまとめてみました。

2021.12.22
T3のコト
営業の小です。日々たくさんの企業の方からお問い合わせをいただき、誠にありがとうございます!!

今回はお問い合わせを頂く際に、お客様からご相談頂く内容で、よくある質問についてまとめてみました。気になっていることがあり、これからデザイン会社に相談してみようかご検討されている方、デザイン依頼の際にちょっとした疑問をお持ちの方など、是非こちらの記事を参考になさってください。

ちなみにデザイン実績のより詳しい紹介は、化粧品の実績に特化したcreative beauty(クリエイティブビューティー)と、食品関連の実績に特化したFooDelicious(フーデリシャス)でも、過去実績をまとめていますのでお時間ある際にご覧ください!

1. デザインの提案数は?最短スケジュールは?

デザインの提案数について

基本的に初回のご提案では、デザインコンセプトの異なる3方向を提案いたします

デザインコンセプトとは、単なる見せ方や、表面的なデザインの違いではなく、アプローチ方法の違いを言います。常に、この商品をどのような切り口で伝えれば、消費者に欲しいと思ってもらえるか。という視点のもと、プランを考えてゆきます。

商品の顔になるパッケージデザインは、第一印象を決める重要な役割を持っています。T3デザインでは、方向性の軸となるデザインコンセプトの部分から、ビジュアルに落とし込む作業にいたるまでをとことん考えてご提案しています。

スケジュールについて

初回のご提案は、正式なご依頼からおおよそ2~3週間でご提出します
その後は、打合せを重ねて、最終的なデザインの方向性を決めてゆき、完成させます。ご依頼から納品までのスケジュールは、案件によって差があり、1年がかりのものから、1~2ヵ月程度のものなど、様々です

※繁忙期の場合はもう少しお時間をいただく場合もございます。
※パッケージデザイン提案での日数となります。
※ネーミング提案の際は別途お時間を頂戴いたします。

2. パッケージデザイン以外も、提案できるのですか?

新しい商品を考える上で、パッケージデザイン以外にも、商品の背景やコンセプトの部分から考えるブランディングや、商品の売り方を考える販売促進など、パッケージに関わる様々あな商材も、ご要望に応じてご提案をしています。実績はコチラから御覧いただけます。以下でご紹介させていただきます。

①ブランディング
ブランドのコンセプト開発、ネーミング(商品名、ブランド名)開発、キャッチコピー開発、VI開発など、商品のブランディングに関わる部分のご提案が可能です。 

※ブランディングについては次回詳しくご説明します。
※表現の薬事の確認はお客様にお願いをしています。

②撮影の手配
シーン撮影、食品などのシズル撮影、プロダクト撮影など、ご要望のイメージに合わせて広く対応しています。それぞれ案件ごとに、カメラマン、スタイリスト、スタジオなどを適宜セレクトしています。

モデルを使用したイメージカットなどのディレクションも実績があり、キャスティング・モデルの手配も行っています。詳しくはこちらのブログでご紹介しています!

以下が撮影事例になります。
ミュゼ
販促物やキービジュアルなどで使用するイメージカット事例

なとり
食品パッケージに使用するシズルカット事例

yamatoカタログ
カタログ等のプロダクトカット事例

③容器などの形状の企画・デザイン
プロダクトデザインのノウハウを持ったデザイナーがおりますので、容器などの形状からご提案ができます。3Dソフトで立体のイメージもしくは、3Dモックの制作も可能です。

※3DCAD・3Dモック制作は外部ブレーンに依頼します。
ミュゼボトル
ボトルの形状からご提案させていただいた事例です。

④パッケージ包材手配
軟包材は難しいですが、紙の包材は内容により手配可能です。設計やダミー作成などもお受けしており、必要に応じてイメージを確認頂きながら進行が可能です。

東京通販
包材の材質のご提案からデザイン、印刷の提案などをした事例です。

⑤販促ツールの企画・デザイン
新商品発売に合わせて店頭用の販促ツールも企画、デザイン、印刷の手配も行っています。設計やダミー作成などもお受けしており、必要に応じてイメージをご確認頂きながら進行が可能です。

yaman重機
形状から訴求の入れ方など一式ご提案した事例です。

⑥展示会のデザイン
イベントブース等の展示会の企画、設計、デザインが可能です。パース等でイメージをご確認頂きながら、ご提案が可能です。

3. デザインコンペに参加しますか?

もちろん参加をさせていただきますが、参加条件など、詳細をお伺いした後に、正式にご回答をいたします。

4. デザイナーとのコミュニケーションはどのように行いますか?

ご依頼頂いた際には、まずはじめさせて頂くまでの、ヒヤリングや予算、スケジュール調整は営業が行います。

お客様のデザインの要望がまとまりましたら、それ以降は、デザイナーと直接打合せを行いながら、デザインのご提案と修正の出し戻しなどを、デザイナーと直接やり取りを行っていただくような体制で案件を進行しております。

デザイナーと直接やりとりをするため、細かなニュアンスをしっかり共有できるという点でご好評いただいております。
打ち合わせ

5. クリエイティブのチーム体制はどのようになっていますか?

アートディレクター・チーフデザイナー・デザイナーといったチーム体制でご提案をいたします。

ご依頼頂く内容に合わせてアートディレクターを選定し、デザイナーを複数名アサインします。デザイン1案に対して、1名のデザイナーで制作をするので、3案ご提案の場合、3名以上のデザイナーでアイデアを考え、ご提案にふり幅を設けられるような体制にしております。また、プランナー、コピーライターなどもご依頼内容に合わせてアサインする場合もございます。

案件に合わせて最適なクリエイティブチームでのご提案を心掛けています。
打ち合わせ2

6. 最後に

デザイン会社を検討される上で、少しでも参考にしてもらえれば幸いです。

今回ご紹介させていただいた内容はあくまでベーシックな内容になります。デザインのご相談はご依頼ごとで内容が異なると思いますので、お問い合わせをいただく際は、ご検討されている内容をそのままお伝えいただいて大丈夫ですので、お気軽にご相談ください!!お問い合わせはお電話でもお問い合わせフォームからでもお受けしております。

時間を見つけてFAQも随時更新していきたいと思います!それではまた。